FC2ブログ

縄心 なわごころ

~Chats errants vendus au clair de lune~ 縄は心 刻まれたものは消えない・・・

涙 ~Tears~

どうしようもなく

溢れてしまう時もある



堪えようとすればするほど

意に反して

溢れ出る・・・

20101125150135584[1]

男根を味わう

喉の奥で感じる時

膣で感じる時

全て

一緒に居る時・・・

ごく自然に溢れ出るなみだ



これは

心満たされ

何もかも奉げた時の

充足感から出る至福の証





だけど

離れている時 

流す なみだは

至福とはいえない・・・



私の心の問題








「心は離れていないから」



わかっている・・・

わかっている・・・

心で何度も呟く



依存してはいけない



頭でわかっていても

苦しくなる心は どうしたらいいものか・・・



違う世界で生きている

近づけない

遠く感じる・・・








構われたくて

構われたくて 仕方ないのに

一方的になるのを恐れ

何も言えなくなる



そんなことで・・・と

馬鹿みたいだと思われるだろう きっと

まったく成長出来ていない

自分の未熟加減に反吐が出る



愚かだ・・・



傍にいられないもどかしさ

互いの立場を考えると諦めざるおえないが



わたしは

貴方に 飼われたい



気持ちだけでも

そう願っては いけないのだろうか・・・






Mio



  1. 2010/11/30(火) 14:00:00|
  2. Bondage・Fetish Photo

拘束の果てに ~In an end of the restriction~

ある小説を読んでいて

やはり私は…

と、納得したのでした



拘束される事が

私の官能に

火を点ける役目になると言う事を…

masquerade-gallery-02_06[1]_convert_20101001130630

逆らう事が出来ない状況に

身を委ねる事で

欲情する



じわじわと

追い込まれていく不安の中で

心とは裏腹に

身体は解放されていく



視界を遮られた時

五感を鋭利な刃物の如く尖らせ

集中する

DSCF3779[1]_convert_20100825105016

声を聞き

空気の流れを肌で知り

触れられた瞬間に

息も出来なくなるくらい

身体は過敏に反応する



これから

私の身体は

貴方の玩具と化すのです



「凌辱して下さい…」






Mio



  1. 2010/11/29(月) 23:00:00|
  2. Bondage・Fetish Photo

恋しくて ~It is dear~

貴方を思うとき

必ず 子宮の奥が

熱くなる・・・
TAS_4d[1]_convert_20100825105527
想えば思うほど

身体が熱くなる・・・



恋しくて 仕方ない



そうして貴方を想う時

私は とても幸せで・・・



でも、

恋しくて 恋しくて

切なくなることもある・・・



いつも貴方が私の中にいる



貴方とひとつになった時

私は 魂まで抜かれた・・・



抜かれたのは私だけじゃない



私も 貴方の生気を

最後の、最後の一滴まで 

吸い尽くしてしまったのだけど・・・



ずっとずっと 

繋がっていた・・・

貴方の肉棒と 私の熟した果実

ぐちゃぐちゃになるまで

味わってくれた・・・



嬉しくて

喘ぎ続けた私・・・

声がかれていた



潤いが欲しくて

貴方の肉棒を 口で愛でる



たくさん たくさん

感じてもらいたい



貴方の感じている顔を見るのが

私は好きだから・・・


20100624133629b95[1]_convert_20100720140027


いつになく

身体が熱い・・・



貴方を想い

自慰にふける・・・



あぁ、、、

貴方は此処に

何本の指を入れてくれたの・・・



無茶苦茶にされた果実は

赤く膨れ上がり

溢れんばかりの甘い汁を垂らし始め

破廉恥極まりない音が

自分の耳に届いた時

私の頭の中は 真っ白になった・・・



心の中で貴方の名を叫ぶ



貴方と一緒なら・・・

声が枯れるまで 貴方の名を叫びます



恋しくて・・・恋しくて・・・






Mio



  1. 2010/11/26(金) 16:00:00|
  2. Image Photo

縄 ~Nawa~

縄に込められた想い

縄のニホヒ


かけられた瞬間

体中に伝わる・・・ 愛

shibari20030[1]

落ちてゆく

どこまでも


縄でキツク縛られたこの身体

夢の中で泳ぐ人魚のように・・・


ふわりと浮いては また潜り

ふわりと浮いては また潜る


縄に身をまかせ

だた漂う・・・






Mio



  1. 2010/11/25(木) 22:00:00|
  2. Kinbaku Photo

後ろから ~From the back~

二人の時間

大切なトキの共有



後ろから抱かれながら

貴方の声を聞く

10-sep17-0144[1]_convert_20101119133004

熱く、湿り気を帯びた貴方の声

そして

喉元に添えられた大きな手



耳も、首も感じ過ぎて困る箇所

だから、、、



囁いて欲しい

噛んで欲しい

息が出来なくなるほと

締め付けて欲しい



時には、その唇で

キスして欲しい・・・





Mio



  1. 2010/11/25(木) 10:00:00|
  2. A man and woman Photo
次のページ