FC2ブログ

縄心 なわごころ

~Chats errants vendus au clair de lune~ 縄は心 刻まれたものは消えない・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おもうこと


縄会というものに参加しはじめた頃の写真
縛りはエロ王子さん

当時
縄にどっぷり嵌ってしまった私
2ヶ月に一度の縄会には休む事なく皆勤で参加していました

会あるごとに縛り手様に縛って頂けた事は本当に嬉しかったし
ありがとうございます、の気持ちで何時も一杯でした

当時アングラ界隈の事など知識もなくいた私
有名な縛り手様も殆ど知らないような無知人間でした
でもそんな事はお構いなしで
時間許す限り自己の欲を満たしたくて必死でした

過去の時間を取り戻したい
女でいたい
そんな思いを緊縛を通じて満たしたかった

そして自分の中にある
S性M性も楽しめるようにもなりました

2010年から踏み込んだ世界
非日常の「楽しむ」を極上のものにしたい
そう思うようになってから
時間やお金の使い方が変わりました

こうして人生半世紀近く生きてしまった私ですが
より愉しい時間を濃密に過ごす事が
これからの私には
とても大切で必要なものとなってきたのです

  1. 2016/12/07(水) 14:40:00|
  2. Mio Kinbaku Photo

私の中のSM

DSC_7513-2.jpg 
キライな人の縄は受けないですよ
私にとっての縄は日常である訳が無いのですから余計です
限られた時間の中での大人の戯れ
大好きな人の縄を受けたいと思う事は当然だと
周りがどう思おうが
ずっと私はこの思いで縄を受けてきた
飛び込んだ環境の中で
どれだけ非日常を有意義なものにするか
それは私にとって大きな問題だったから

重く捉われがちな「覚悟」だけど
楽しいだけではSMは出来ないと思うのです
SMって一つ間違えば死ぬんだよ…
大好きな人に身を捧げて託す事
それは覚悟をもっての事
SMやるようになってそれは当たり前だと思っていたけど
このご時世、、、そうでもないのね…
私と次元が違う方々も居るという事も受け入れつつ
今の縄事情を眺めております

縛り:奈加あきらさん

  1. 2016/11/28(月) 14:08:00|
  2. Mio Kinbaku Photo

2012神凪さんのサロン初訪問

初めての神縄サロン 2012


懐かしい思い出
大好きな方と訪れた場所
今でも忘れられません

  1. 2016/11/18(金) 14:23:00|
  2. Mio Kinbaku Photo

大好きを堪能

緊縛師奈加あきらさんの舞台を久しぶりに拝見しました
受け手は私の大好きな紫月いろはさん

流れる音楽も私好み
もうそれだけでも子宮が疼きます
LIVEの良さはそこにもあるように思います

逆に無音の舞台も大きな音が無い分
視覚聴覚を研ぎ澄ませ
感情移入して入り込む事が出来る良さもあるのかなと思ったり

自分の性格上
多分無音での舞台の方がきっと好きだと思うけれど
何せまだ経験した事がありません
これも機会をみつけて経験してみたい事の一つだったりします

ド派手なパフォーマンスよりも
ショーに観えない
縛り手と受け手の二人だけの世界を私は観たいです

奈加さんには二度縛って頂く機会がありました
この時の記憶は鮮明に覚えています
沢山の人に囲まれて
いつもの自分を曝け出せた事が嬉しかったです

また奈加さんの縄が受けられますように
それまで元気でいます

14053660_1158882227517115_3328089398329964544_o.jpg
 
  1. 2016/11/07(月) 14:25:10|
  2. Mio Kinbaku Photo

どうせ生きるなら

生きて生きて
精一杯
生きてやる

嫌われる事を恐れ
"自分"を生きられないなんて
あり得ないもの



14440781_1201274966611174_8949348980436579057_n.jpg

  1. 2016/11/04(金) 11:19:00|
  2. Mio Kinbaku Photo
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。